日常のお役立ちブック

美味しいカニ鍋と雑炊の作り方 色々な蟹鍋レシピだしと具材

かに鍋の美味しいレシピと食べ方をまとめました。

鍋が美味しい季節がやってきました。
美味しい鍋は色々ありますが、たまには贅沢なかに鍋もいいですよね。

かに鍋のお出汁のとり方から、定番レシピ、アレンジレシピ、
美味しい具材で美味しいかに鍋を作る方法を紹介します。

Sponsored Links

美味しいかに鍋レシピ

 

<かに鍋の出汁の取り方>

蟹だけでも美味しいお出汁がでていますので、かに鍋にはシンプルな
出汁で十分です。お出汁は昆布出汁でシンプルに、が基本です。

 

カニを割った時にでた殻や爪と昆布を鍋に入れ、2時間ほど
1.5ℓの水にあらかじめ浸しておきます。

 

長い昆布なら1本、短めなら2、3本が目安です。

 

鍋を中火にかけたら沸騰する直前に昆布は取り出します。

 

時間があれば、出来たお出汁は一旦冷ますと一層美味しくなります。

 

 

■美味しいかに鍋レシピ集■

<定番のかに鍋>

かに鍋のダシの取り方

まずは定番、醤油味の基本のかに鍋です。
味付けは、薄口醤油、酒、みりんを2:2:1の割合で出汁の
お味を整えます。

 

蟹、白菜、春菊、しめじ、春雨、しいたけなどが良く合います。
仕上げに柚子の皮を卸したものを加えると風味が増します。

 

具材を食べ終えたら、ご飯を加えて一煮立ちさせ、溶きほぐした
卵を流し入れたら火を止めて数分蒸らしましょう。

 

卵が半熟状になったら、〆の極上雑炊の出来上がりです。
ざっくり切った三つ葉を散らすと彩りも良く、一層美味しく頂けます。

 

 

<豪華海鮮かに鍋>

海鮮かに鍋レシピ

メインの蟹に加えて帆立、海老団子、タラの切り身、しゃぶしゃぶ用の
豚肉まで加えてグザクさんに豪華な海鮮鍋に!

 

味付けは基本の醤油ベース味で美味しく頂けますが、合わせ味噌や
キムチの素でも味わい深くて美味しい鍋になります。

 

具材には、白菜、ネギ、春菊、キノコ類、豆腐、にんじん、マロニーや
油揚げ、もやしなどが相性がよいです。

 

具沢山鍋の楽しみは、〆の雑炊がダシのきいた絶品になるところ!

 

 

<かにすき鍋>

かにすき鍋レシピ

かにすき鍋のお出汁は、昆布とかつお節のダブルで味わい深く!
昆布でお出汁をとったあとに、かつお節を加えて5分ほど煮立てて
からこします。味付けは、醤油・酒・みりんで整えます。

 

具材は蟹、白菜、ネギ、椎茸、焼き豆腐、水菜の他、エノキや舞茸など
のキノコ類や葛きり、彩りニンジンを入れても見た目が綺麗です。

 

もちろん最後は雑炊にして、残った出汁も美味しく頂いて下さい。

 

 

<かにトマト鍋>

トマトかに鍋

定番に飽きたらトマト味にチャレンジ。

 

基本の昆布出汁に、トマトの水煮1缶とスライスにんにくを適宜加えて
煮立てればスープは完成です。

 

具材には蟹としゃぶしゃぶ用豚肉、ホタテ、キノコ類、ホウレン草、
小松菜がグッド。

 

〆はご飯ととろけるチーズでリゾット風にできる他、乾麺のままの
パスタを入れて煮込むと蟹風味トマトパスタが美味しく頂けます。

Sponsored Links

Sponsored Links

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

指ヨガでダイエット効果・美容健康効果を得るのは何指?
指ヨガでダイエット効果・美容健康効果を得るのは何指?

便秘、脚やせ、お腹痩せ効果があるのは薬指顔のたるみ、む

指痩せ 即効指を細くする方法と指のシワを取る方法
指痩せ 即効指を細くする方法と指のシワを取る方法

指痩せる方法なんてあるの?指を細くする方法はあるんです

日焼け止めの正しい塗り方とメイクの順番
日焼け止めの正しい塗り方とメイクの順番

メイクをするとき日焼け止めは化粧下地より前?それとも後

朝ぐるぐる回るめまい吐き気ふらつきの治し方
朝ぐるぐる回るめまい吐き気ふらつきの治し方 これで治った!

以前は寝起きに目がぐるぐる回るめまいで起きられないことが頻繁に

自分の肌色に合うヘアカラー画像
お肌が綺麗に見える髪色の見つけ方 自分の肌の色に合うヘアカラーは?

自分に似合う髪の色の見つけ方をご存知ですか?髪色は肌にも反映さ

→もっと見る

PAGE TOP ↑